子供のためを考えた家つくり

マイホームづくりにおいて子供がいる場合には将来のこともいろいろと考えるかもしれません。つまり今は子供が2人だけど、将来はもう一人増えるかもしれないし、そうしたことを望んでいるということもあるかもしれません。そうなると部屋数や間取りは多い方が良いという気持ちになるものです。とはいえ考えたいのは、子供1人に部屋を1つ備えることが本当に子どものためになるのかということです。というのは子供1人のために1つの部屋を与えることで、子供が部屋にこもりっきりになり、親との会話の時間がなくなるかもしれません。そして親も子供が部屋でなにをしているのかがわからないために、不安になってきます。むしろ子供のために部屋数は狭くしてみんなが一緒に住めるような大きな間取りの方が良いということを考えることもあります。もちろんプライベート空間やプライバシーを尊重することもある程度は必要であるとはいえ、幼少期に家族が集まりやすく団らんな空間を設けることは大切なことです。