家づくりを後悔したくはない

家づくりには時代が出ているように感じます。将来一軒家を建てようと考えている私はその時代に一番合った家、そして自分にも合った家を建てたいと思っています。例えば、ソーラーシステムです。これは賛否両論あり、今はむしろあまり状況は良くないように思えます。それはソーラーシステム会社の倒産です。国がソーラーシステムを推奨し、多少の経費を負担してくれることなどから、多くの人がソーラーシステムを購入しました。ある人は土地に、ある人は家に取り付けました。しかし、そういった人が増えたことから電力の買取り値が下がり、なかなか売電収入だけで家の電力を賄うというのは難しくなっているようです。むしろ、取り付けた際の経費のローンを払うのに精いっぱいという声も聞かれます。また、メンテナンスのこともあります。こういったことから、取り付けたことを後悔している人が身近でもいます。家づくりというのは一生の内に一度きりだと思います。その一回を後悔したくはないので、時代をしっかり見て、自分は後悔しない家を建てたいと考えています。