マイホーム建設に全財産投入はやめておけ!

マイホームの話をしていますと、ときどき「貯金のすべてをマイホームに使う!」なんてことを言っている人もいますけれど、私からしたら「それはやめておけ!」というものですよ。いや、私だけではなく、その他の家づくり経験者も同じことをいうと思います。

とくにマイホームを建てて築10年以上経過している人は、「貯金のすべてをマイホームに使う!」なんていうふわふわした主張には、「それはやめておけ!」と言いたいものですよ。だって、マイホームを建てたからといって、それ以降まったくお金を使わないなんてことはないわけですから。

まずもって、マイホームを建てたら家具をそろえたりするお金だって必要ですからね。ですからマイホームでの生活を成立させるための準備資金だっているわけです。マイホームを建てて終わりではないですよ。

それに築10年も建てばリフォームを行う必要だって出てくるわけです。そのリフォーム資金だって必要なわけです。けれどもカツカツの住宅ローン返済ですと、当然リフォーム資金なんて貯められませんから。そしてだからこそ今一度言いたいことは、「マイホームに全資産投入はやめておくこと!」というものですよ。数百万円の貯金は残した方がいいです。新築1年目でリフォームすることもないとは言い切れませんから。